よく耳にする “was going to” ってどんな意味? | 日刊英語ライフ (Link)

よく耳にする “was going to” ってどんな意味? | 日刊英語ライフ

アメリカの大統領選はトランプ氏の勝利という結果に終わり、アメリカ国民だけではなく世界中に大衝撃を与えました。 もちろんニュージーランドでも連日大きく取り上げられていますが、そんな中、ニュース番組で “◯◯ was going to 〜” というフレーズをよく耳にしました。 とってもシンプルな表現ですが、日常生活でとーってもよく使われるので、ぜひ使いこなしたいフレーズです。 今回はそんな “was going to” についてのお話です。 まずは “be going to 〜” の意味をおさらいしてみましょう。 オックスフォード現代英英辞典 には、 be going to do something; used to show what somebody intends to do in the future と書かれています。これから先に「〜するつもりだ」という意思を表すときに使われるのが “be going to 〜” です。(もう少し詳しく知りたい方は、 will と be going to の違いって何?どう使い分ける?

「しようと思ってたけどしなかった」

ってことですね。

Translate »