Teams PowerShellモジュールver.1.0.5が出てましたね

3月9日にTeamsのPowerShellモジュールのバージョン1.0.5がリリースされていました

その数日前に1.0.4もリリースされていますが更新内容は同じはずです。

Microsoft Updates Teams PowerShell Module to 1.0.5 – Office 365 for IT Pros

On March 9, Microsoft updated the Teams PowerShell module to 1.0.4, and on March 11 they updated it again to 1.0.5. Microsoft updated the module to 1.0.5 after a decision was taken to release support for batch policy assignments for Teams education customers to assist in setting up classes for remote learning You can grab the latest version from the PowerShell gallery.

こちらで変更内容がまとめらていますのでさらっと見ておきましょう。

The Get-Team cmdlet is a little faster at fetching teams.

Get-Team cmdletがちょっと早くなったそうです、特に多くのTeamをGetしたときに。

そうですか、これは素直に嬉しい更新ですね笑

When you add a new owner to a team with the Add-TeamUser cmdlet, it now adds the user as both an owner and as a member.

Add-TeamUserでTeamのOwnerを追加したときに、自動でmemberとしても追加してくれるようになりました!

初めからそうしておいてくれてもよかった笑

The Remove-TeamUser cmdlet is removes a member from a team. Microsoft has updated the cmdlet to make sure that if an owner is removed, they are also removed as a member.

Remove-TeamUserでTeamのOwnerを削除した際に、自動でmemberからも削除してくれるようになりました!

初めからそうしておいてくれてもよかった笑

The new RetainCreatedGroup parameter is added to the New-Team cmdlet.

New-Team cmdletにRetainCreatedGroupパラメーターが追加されました。

このパラメーターをfalseで使用すると、何らかの理由でNew-TeamでTeamの作成に失敗した際に、紐づくOffice 365グループも削除してくれるというパラメーターだそうです。デフォルトはfalseです。

これを敢えてTrueで指定すると、Teamの作成に失敗した場合でも関連するOffice 365グループは残りっぱなしになるとのことです。

いや使いみちが分かりません笑

おしまい

今回の変更は地味でしたがこうして着実に良くなってくれると日々の運用やスクリプト化も安心感が増してきますね。

インストール方法はこちらですよ。

Install-Module -Name MicrosoftTeams

MicrosoftTeams 1.0.5
Copy and Paste the following command to install this package using PowerShellGet More Info You can deploy this package directly to Azure Automation. Note that deploying packages with dependencies will deloy all the dependencies to Azure Automation. Learn More Deploy to Azure Automation Manually download the .nupkg file to your system’s default download location.

 

Translate »